改革を進める

金融監督院長が7日、3年の任期を終えて公式退任しました。ユン院長が在任していた過去3年は、まさに金融界では「激動の時期」だったとしても過言ではありません。尹院長は教授出身で、任期初めから自分の普段の所信を存分に(?)広げ見せ、同時に金融機関と鋭い対立を立てました。

このような内容は、ユン院長の辞任の挨拶でもそのまま表示されます。ユン院長は、自分の成果を振り返っていき、「ボホムグォンのすぐに年金問題を筆頭に2018年7月には、金融監督の革新課題を発表し、続いてサムスンバイオロジックスをめぐる粉飾会計問題を処理した」と言いました。また、「がん保険紛争解決の推進など、消費者保護を強調する中で、金融消費者ボホチョを拡大改編し、金融消費者保護法の立法と施行につながった」と付け加えました。

ユン院長が言及したボホムグォンすぐに年金やサムスンバイオロジックス粉飾会計、がん保険紛争などはすべてユン院長の立場では成果かもしれないが、まだ関連訴訟などの法的手続きが進行中であり、当事者間の葛藤と苦痛が続いている状況です。金融消費者保護法も今年3月電撃施行された後、営業現場で深刻な混乱が生じているなど、法の趣旨が相当部分衰退したという指摘も出てきます。

在任期間を輝かせた(?)最大の課題として「ライム・オプティマス事態」を欠かせないでしょう。ユン院長も辞任の辞で「DLF(派生結合ファンド)事態から始めライムとオプティマスなどの金融事故が連発し、大きな消費者被害をもたらしたが、従業員の誠実な対応に難しい節目をめくりながら私募ファンド事態は今仕上げ段階に入っている」と明らかにしたりしました。

もちろんライム・コンボイ事態は監督の失敗の責任を金融監督院のみ尋ねるに曖昧な側面もあります。しかし、ライム・コンボイ捜査の過程で、金融監督院前現職幹部が犯罪に関与した事実が明らかになっただけに、폰테크 「従業員の誠実な対応に難しい節目を越えた」は、ユン院長の認識は、一般国民情緒と多少距離があり見えます。

金融監督院は、DLFやライム・オプティマス事態を阻止できなかったという理由で、金融機関や最高経営者(CEO)らに一斉に重い懲戒を下し、これらは異例の行政訴訟を提起し、尹院長に正面から対抗した。実際、昨年の金融監督院を相手に提起された訴訟件数だけすべて77件に達し、ユン院長が赴任していた初年度(18件)より4倍以上に急増しました

監督当局の前には、常に「猫の前に立ったラット」ひたすら古墳古墳た金融機関がこのように対抗訴訟に対応しながら、金融監督院の威信は大きく失墜するしかなかった今後の裁判の結果に基づいて、さらに困難な状況に陥る可能性を排除することができなくなりましたね。

ユン院長は辞任の際に社員の要請を忘れなかったんです。彼は「君子はファイア浮動して消印は棟不和する」は論語者で利便性の一節を引用した後、「金融監督院が目指すより大きな価値のために疎通して和合する君子の道を歩くことを望む」としました。

ファイア浮動という意味を一緒にしていなくても和解することができる君子の徳目を言います。逆に消印は意味を一緒にするように見えるが、実際には和解していないのです

続いて離任式を終えて出てくるユン院長に最も惜しい点が何だったのかと尋ねると、彼は「(出入り記者)皆さんとのコミュニケーションをもっと多くたら良かったようだ」と答えたんです。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다