家計負債管理方法の出口

政府と金融当局が「家計負債管理方案」を発表した中で、銀行券は、今後の所得が低い低所得者の場合、融資限度が大きく減少すると予想した。

30日、金融界によると、金融委員会は前日、「家計負債管理方案」を発表し、現在、銀行別に適用するDSR(総負債元利金償還比率)40%の規制を段階的に借主に適用することにした。DSRは、住宅ローン、信用貸付、カードローンなど、すべてのローンの年間元利金償還額が年間所得に占める割合である。

今回の家計負債管理方案の核心は、現在の金融機関別に適用されるDSR規制を借主別に適用するものである。現在は銀行別に平均値(40%)だけを合わせれば、借主別にはDSR 40%を越えて融資を受ける場合もあったが、今後は禁止される。

まず、金融委は第1段階で、폰테크 7月から調整対象地域まで含む全体の規制の地域で6億ウォンを超える住宅を担保に住宅ローンを利用する際にも「借主単位DSR」を適用することにした。信用貸付は、所得要件をなくし、融資額が1億ウォン超過の信用貸付にDSR規制を受ける。

来年7月からは2段階で規制をさらに強化する予定だ。総貸出額が2億ウォンを超えるとDSR 40%規制を適用する。2023年7月からは3段階を適用して総貸出額1億ウォン超過もDSR 40%規制を適用するなど、規制対象を全体に拡大する計画だ。

また、信用貸付の場合、年間所得8000万ウォンを超えて1億ウォンを超えて融資される場合にのみ、DSR 40%の規制が適用されたが、7月からは所得に関係なく、1億ウォン超過の信用貸付に適用される予定である

銀行券は、このような「家計負債管理方案」が発表されると、低所得層の打撃が大きいと予想した。

これまで担保価値だけタジドン住宅ローンにDSRが適用され、所得に応じて融資限度が決定されるからである。

また、高所得者の場合、以前にもLTV(投機・投機過熱地区40%、調整対象地域50%)40%規制により返済能力が裏付けされても融資を十分に受けることができなかった。しかし、低所得者の場合、所得比多くのお金を借りて家を買うことができたが、個人の返済能力を計算し始めると、それだけ融資限度が高所得者に比べ大幅に減少しかないという指摘だ。

ある都市銀行の関係者は、「これまで家を買うとき不足しているお金を埋めるために、住宅ローンのほか、信用貸付を利用した世帯が多かった」とし「今後、所得比総融資限度が決まるほど、様々な融資を集めて家を買うことが難しくなるだろう」と述べた。

この関係者は、「どうしても低所得者の打撃が大きいしかない。高所得者の場合、LTV規制に基づいて、住宅ローンの制限が出ない場合が多い。つまり、銀行から信用貸付限度を解放する場合、主大胆(住宅担保貸付)に信用貸付を合わせて貸付を受けることができる。しかし、低所得者の場合は、DSR規制で融資限度が減ることになるしかないだろう」と説明した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다